管理してくれる

現在では葬儀場で葬儀を行うのが一般的となっています。
最近では、葬儀の形態も古いしきたりにこだわることなく、自由なスタイルで行う人も多くなってきました。
従来の葬儀では、家族や親戚の他、近所や会社関係など故人にゆかりのある人など多くの人が参列して通夜や告別式のあと火葬をするのが一般的でしたが、最近では、家族や近親者だけで行う家族葬や密葬などが増えています。
その他にも、葬儀社では多様な需要に応えるため、通夜や告別式を行わず火葬だけのプランや、樹木葬や散骨など予算や希望に応じて様々なプランが用意されています。
また、近年は少子高齢化や核家族化などの影響などもあり、遺品整理なども希望に応じて行う葬儀社も増えています。

従来は故人を供養する方法としては、お墓に納骨して残された家族が管理や供養をするのが一般的でした。
しかし、近年は納骨堂や永代供養墓の需要が急増しています。
お墓の場合は個人で管理をする必要がありますが、納骨堂や永代供養ではお寺や管理会社が管理をしてくれて、定期的に供養もしてくれます。
最近では「終活」という言葉が流行しており、最期まで自分らしく生きることがトレンドとなっています。
終活は、人生の最期まで自分らしく生きることや、亡くなったあとに周りの人が困らないよう活動をすることを指しています。
終活の一環として、納骨堂や永代供養墓を生前に予約したり、生きているうちに葬式を行う生前葬などを行う人も増えています。