管理してくれる

妻や子どもなど、家族が居ない人でも遺骨を収められるのが納骨堂です。永久供養墓や霊園など、様々な施設がありますが納骨堂は最新システムが導入されている場所もあるので管理を任せることができます。

Read more »

時間がかからない

一般的な永久供養墓は、先祖代々引き継いでいるところや、これから購入するというところもあります。設置場所の土地を確保したり、墓石を作ることで時間がかかりますが、納骨堂は遺骨を納めるだけなので時間がかかりません。

Read more »

契約期間

納骨堂に遺骨を納める場合、遺骨を納める期間を決める必要があります。納骨堂によって費用が決まっていますが、期間は30年や三十三回忌の33年、50年などから選べます。契約期間が満了した場合は、ほかの故人の遺骨と一緒に供養されます。

Read more »

故人を供養する

昔は先祖代々一軒家に住んでいた家族がほとんどでしたが、現在は核家族化が進んでいます。高齢者の一人暮らしも一般的になりつつあり、若年層でも妻帯を持たずに生活する人も少なくありません。
天寿をまっとうしたあと、故人の遺骨を供養する場所が問題となります。家族や先祖の遺骨が供養されている永久供養墓があれば納骨できますが、個人だとお墓を購入する費用がなかったり、用意が間に合わないことがあります。
そのようなときでも使用できるのが納骨堂です。

納骨堂は公園に隣接していたり、霊園内に設置されていたりします。
一般的な永久供養墓はお寺の境内に設置されています。野外なので参拝時には天候に左右され、雨風にさらされるので石材が使用されています。
納骨堂は室内に設置されているため、天気に左右されることはありません。管理も行き届いているため、掃除をする必要もないのが特徴です。
お墓は設置するための面積が必要ですが、納骨堂は複数の引き出しの中に個人ずつ収められます。

お墓の管理は、家族や親戚一同で行われます。納骨堂の場合、施設管理者やスタッフが管理してくれます。なかには、最新システムを導入しているところもあります。
遺骨の管理だけではなく、遺影の画像をデータ化して保存してくれるので参拝時には画面に出力してくれます。
全てデータ化されているため、大切な資料を紛失したり、誤って破棄したりしてしまうこともないので安心です。